高校野球

第103回全国高等学校野球選手権大会も、8月29日に決勝戦があり、智辯和歌山高校が優勝しました。

大会は、予選からコロナ感染拡大防止のため、観戦・応援には保護者,学校関係者のみの入場制限があり、毎年高校野球を観戦していた方は、テレビ中継やラジオで応援していたと思います。

息子の高校は予選で敗退しました。先輩、保護者の方、3年間お疲れ様でした。

9月中旬からは、秋季大会が始まり、息子の高校も予選に出場します。

緊急事態宣言が発令されているため、今回も保護者、学校関係者のみの入場制限があるため、他校の試合などは観戦できませんが、息子の高校の試合には応援に行きます。

コロナ禍の中、息子は大好きな野球をすることに、度々制限されていますが、親としては全面的に協力していこうと思っています。

前の記事

上手にちからを抜く

次の記事

スマートに暮らすNew!!